月別記事一覧: 2013年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ほら、やっぱり禁止になったじゃん。

梨花さんが買い置きがないと不安な愛用品


ここで服買ってればもっと貯金できたのに・・・安くてかわいいギャル服




■マーガリンの何が危険なの?

マーガリンが初めてこの世に誕生したのは、
19世紀末にフランスのナポレオン3世が
バターの代替用として募集をかけたことから始まります。

当時、戦争や革命のためにバター不足になり
それを解消するために生まれたものです。

名付け親はナポレオン3世で、
語源はギリシア語の「真珠」に由来するようです。

では、マーガリンの何が危険なのでしょうか・・・?

それは、トランス脂肪酸の存在です。
近年その危険性が話題になっているので
聞いたことのある方も多いと思います。

詳しいことはwikipedia等で書いてあるので、
ここでは分かりやすくシンプルに表現していきます。



■トランス脂肪酸について・・・

トランス脂肪酸とは人工的に製造した油のことで
自然界にはもともと存在していない物質です。

一定量を摂取すると悪玉コレステロール)を増加させ、
心臓疾患のリスクを高めると言われています。

もっと分かりやすく説明すると、
マーガリンは植物油を原料にしていると
成分表に記載されていますが、
普通、常温で固まったままの植物油はありません。

植物油は常温では液体のはずです。

これだけでトランス脂肪酸を含んだマーガリンの
怖さが分かって頂けると思います。

では、過去にマーガリンでの健康被害はあったのでしょうか?



■マーガリン被害の実例

・・・データによるものですが、ありました。

西ドイツのある地域で、マーガリンの販売開始時期と、
クローン病(腸の慢性炎症疾患)患者の出現時期が一致したのだそうです。

これもあり、現在ドイツではトランス脂肪酸を含むマーガリンを
製造禁止に指定しています。

その他、フィンランドでも1200人を対象とした実験行われ、
10年後以降にマーガリンを多摂取した群は
摂取しなかった群に対して死亡率が1.4倍に上昇したとしています。

心臓病に関しては2.4倍に上昇したそうです。

こういったことから
近隣国であるデンマーク・オランダでは発売禁止になっていますよね。

また、先進国に関しては、ほとんどの国・地域で毒物指定されています。

では、そんな危険なマーガリンが、
なぜ日本ではどうどうと販売されているのでしょうか?



■マーガリン 日本の実情

これは概ね、マスメディアが未だにマーガリンの販売宣伝をしている
からだと言われています。

通常、TV局などのマスメディアはスポンサー広告で成り立っています。
しかし、不況の影響により広告収入が激減しているのです。

これを補うためには、食品業界からの広告収入は
非常に大きく、外せないものになっています。

マーガリンを製造販売している会社は大手のものが多く、
影響力のある業界団体も存在することも大きな理由のようです。

マーガリン業界の言い分はこうです。

①日本人は欧米人と比べ、トランス脂肪酸の摂取量が少ない
②日本人はトランス脂肪酸の害を低減するオレイン酸の摂取量が欧米人より多い



武藤静香さんのブランドRady


スポンサーサイト
プロフィール

リスサン

Author:リスサン
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。